車を走らせるには燃料が必要ですが、この燃料代というのも決して馬鹿には出来ないものであるため少しでも燃料を節約することが出来るのであれば、節約をしたいものですよね。
そこでそのためには省エネドライブをすることで、燃料の消費を抑えることができるのですが車が燃料を消費する時というのはアクセルを踏んだ時であるため、上手にアクセルオフをすることによって燃料を節約することが出来るのです。

それではどのような時に、アクセルをオフにすればよいのかというと、まず一番多い状況として遠くの信号に引っかかりそうになった時には早めにアクセルを離して惰性で走行をするようにしましょう。
すぐに停車しなければならないことがわかっているのに、燃料を消費して加速をするというのは単に燃料を捨てているのと同じことですから、後続車に迷惑をかけるようなことでもない限り早めにアクセルを離し惰性で進むことで燃料を節約することが出来ます。
次に下り坂なども同じように、下りの場合にはアクセルを踏まずとも車は走りますからこのような場所でもアクセルを踏まないように心がけることで燃料の節約につなげることができます。
少しずつ燃費に気をつけた走りをするだけでも、燃料代はかなり節約をすることができるのです。