» 未分類のブログ記事

車の維持費の中でも燃料代というのはかなり大きな割合を占めるものですから、できるだけ燃料を節約した運転を心がけたいものです。
ちょっとしたことに気をつけるだけでも、燃料代は節約できるものですから省エネドライブを徹底して余計な出費を減らすことを心がけてみましょう。

省エネというと走り方ばかりを気にする人も多いものですが、それだけではなく道路状況の確認というのも燃料の節約に効果的です。
道路交通情報を常にチェックをして渋滞など混雑している場所を避けることができれば、それだけでも燃料を節約することができるのです。
車というのは一定のスピードで走っている時が一番効率が良く、燃料の消費が抑えられ逆に渋滞などの進んでは止まり進んでは止まりということを繰り返しているとどのような車でも燃費は大きく悪化してしまいます。
そのため、避けることができる渋滞は避けることによって無駄な燃料の消費を抑えることができるのです。
特に最近ではいくらでも道路の状況を確認する手段がありますから、遠出をするときなどにいくつかのルートが考えられるという場合には道路状況をよく確認して、最もスムーズに目的地にたどり着けるルートを選ぶことで燃料の節約に繋がるのです。

夏場や冬場に欠かせないのがエアコンです。
しかしかけっぱなしにしていますとバッテリーを消費してしまいます、車にも省エネが必要になるので冷暖房の調整をするようにしましょう。
自動運転にしている場合は適温の場合でも冷暖房が働いてバッテリーが食われる場合もあります。
また人によって適温に違いがありますので暑がりの方は冬場は暖房をおさえるなどできるのです。
しかし調整することで起こるデメリットもあります。
これはお年寄りの方が一人で運転してる場合なのですが、人は年齢を重ねますと体温を調節する機能が衰えてしまいます。
ですのでかなり車の中が高温になっていても暑いと感じられず熱射病になってしまうこともあります。自動調整をしている場合にはこのような事は起こりません。
しかしお年寄りが一人で乗らない場合でしたら極力調節するのがいいでしょう。
省エネにするためには窓を開けるという方法もあります。夏場でしたらスピードが出ることによりかなり冷たい風が入ることもあるのです。
ただ排気ガスには気を付けてください。
ドライブをするときのほんの少しの手間によってエネルギーを節約でき、二酸化炭素の排出量を少なくでき、地球に貢献できるのです。

暖機運転

| 未分類 |

車のことを考えて暖機運転をしてから、車を走らせているという人も多いことでしょうが暖機というのは実は5分も10分もする必要は無いものとなっています。
暖機には当然燃料を消費しますから、動きもしないのにただ燃料を消費するというのは無駄の大きな物となってしまうため、最低限の暖気で省エネドライブを心がけるようにしましょう。

暖機というとエンジンが完全に温まってから走らなければならないと考える人も多いのですが、車はエンジンだけが温まれば良いというわけではありません。
そして、そのほかの部分というのは動き出さなければ温まらないので、ただ車を止めて暖機をするだけでは意味の無いものとなってしまうのです。
そのため、停車したままの暖気というのは1分程度でも十分なものであり、エンジンをかけてシートベルトをしてミラーの調整確認などをするだけで走り出しても問題はありません。
大事なことは走り出してからのことで、急な加速などをしないでゆっくりと走行をすることで車の各部全体を温めることができるため、効果的な暖機をすることが出来るのです。
このような暖機をすれば燃料を無駄にすることが無く、車にも優しいので今まで長々と停車したまま暖機をしていた人は一度見直してみると良いでしょう。

運行管理を行うだけで燃費をアップさせる事ができます。そして基本的な考え方としては、いかにムダになっている部分を改善するかです。
その為にもまずは余計なアイドリングを止めるようにした方が良いでしょう。コンビニなどで停車している時にエンジンをかけっぱなしの方もいるようですが、これはガソリンをムダに消費させてしまいます。さらには二酸化炭素を排出して環境を汚してしまう事にもなりますので、人が乗っていない時にはエンジンを止めるように意識した方が良いと言えます。
急発進と急加速を控えるのも基本です。急発進などを行う事でガソリンを大きく消費してしまいますので、アクセルを踏み込むクセがある方は注意が必要です。また、むやみやたらにスピードを出し過ぎるのは事故の危険性を高めてしまう事にもなりますので、安全運転の観点からも余計な加速は止めた方が良いでしょう。
発進をする時のポイントですが、クリープ現象によって車が動き出した時にゆっくりとアクセルを踏むのが良いとされていますので、ブレーキを離してからすぐにアクセルを踏まず、動き出した事を確認してからアクセルを踏む事が大切です。
このように少しの気配りをするだけでガソリンを節約する事ができるのです。

不況の今の時代では車の燃料代の負担というのも大きなものとなってしまいますから、できるだけ燃料を消費しない省エネドライブを心がけているという人も多いのではないでしょうか。
走り方ひとつで車の燃費は大きく変わってくるため、走り方に気をつけるというのはとても重要なことですが車というのは走っているときだけが燃料を消費するわけではなく、停車をしている時でもエンジンがかかっていれば燃料を消費し続けることになります。
そのため、無用なアイドリングをストップするだけでも燃料を大きく節約することが出来るのです。

例えばコンビニなどを訪れた時に、少しの時間だからとエンジンをかけっぱなしで降りて買い物に行くという人も少なくありませんが、そのわずか5分10分の積み重ねが大きなものとなって燃料代として返ってくることになります
そのため、このような場合にはわずかな時間であってもエンジンを切ることによって燃料代を節約することが出来ます。
また、長い信号に引っかかってしまったというときにも燃料を節約する良い機会であり街中を走っていれば待ち時間が長い信号というのもわかってくるものですから、そのような信号に引っかかってしまった時にはエンジンを停止することで燃料を節約することができるのです。

車を走らせるには燃料が必要ですが、この燃料代というのも決して馬鹿には出来ないものであるため少しでも燃料を節約することが出来るのであれば、節約をしたいものですよね。
そこでそのためには省エネドライブをすることで、燃料の消費を抑えることができるのですが車が燃料を消費する時というのはアクセルを踏んだ時であるため、上手にアクセルオフをすることによって燃料を節約することが出来るのです。

それではどのような時に、アクセルをオフにすればよいのかというと、まず一番多い状況として遠くの信号に引っかかりそうになった時には早めにアクセルを離して惰性で走行をするようにしましょう。
すぐに停車しなければならないことがわかっているのに、燃料を消費して加速をするというのは単に燃料を捨てているのと同じことですから、後続車に迷惑をかけるようなことでもない限り早めにアクセルを離し惰性で進むことで燃料を節約することが出来ます。
次に下り坂なども同じように、下りの場合にはアクセルを踏まずとも車は走りますからこのような場所でもアクセルを踏まないように心がけることで燃料の節約につなげることができます。
少しずつ燃費に気をつけた走りをするだけでも、燃料代はかなり節約をすることができるのです。

自動車はガソリンを使用することで走行することができます。最近は省エネという観点から、自動車の性能も日々見直されていて燃費もとても向上しています。
また車を運転する人の意識も変わってきています。ガソリンは消費すると結構費用もかかります。少しでも燃料は抑えたいと考える人も多くなってきています。
省エネドライブの方法としては、まずは急発進や急ブレーキはできるだけ避けるということです。急発進をするとそれだけ燃料を消費してしまいます。
ゆっくりと加速させてスピードにのせていくことが燃費をおさえるコツです。急ブレーキも燃費を悪くする原因のひとつです。エンジンブレーキを使用してゆっくりと止まることでその分長く距離を走ることにつながるからです。
また不要なアイドリングは燃料だけを消費してしまうため一番よくありません。駐車場などで停車するときはエンジンを止めるようにこころがけます。
一番燃費のよい走行方法は、一定速度で走行するということです。車の燃料消費はコンピューターで制御されているのですが、アクセルを一定にしておくと一番燃費がいい状態になるようになっているのです。
高速道路など同じスピードで走行すると燃費がよくなり省エネドライブになります。

車の燃料代が気になるという人も多いことでしょうが、燃料代というのは省エネドライブをするだけでもかなりの節約をすることができます。
そのため、普段から燃料代のことを気にしつつも運転の仕方には気を配っていなかったという人は、運転の方法を見直してみてはいかがでしょうか。

燃料を節約するためにはアクセルペダルの踏み方に気をつける必要がありますが、まず大事なことは必要以上にアクセルを踏み込まないということです。
アクセルを踏み込んだ時に車は燃料を消費するので、不必要に踏み込んでしまうと余計に燃料を消費することになり、燃料代に影響が出てきてしまいます。
ただし、不必要に踏み込まないのは大事ですが加速すべきところで加速せずに何時までもだらだらと加速をしていると、それもその分だけアクセルを踏んでいる時間が長くなってしまうので余計な燃料を消費してしまうことになります。
そのため、踏み込まないことは大事ですがスムーズに加速するということも同じぐらいに重要なことになるので踏み込み過ぎない程度に、アクセルを踏んでスムーズに加速をするようにしましょう。
ちょっとしたアクセルワークに気をつけるだけでも、燃料代の節約に繋がるので省エネドライブを実践してみましょう。

特にオートマチック車は、運転の仕方によって車の燃費が大きく変わります。市街地走行では、信号交差点での急ブレーキと急発進を避けることが効果的です。信号が青色から変わりそうになった時に、慌ててアクセルを踏み込みのは良くありません。大きな交差点では、歩行者信号の青点滅が見えた段階で、アクセルから足を離すといいでしょう。このようにして急ブレーキは減ります。信号待ちで停車する時には、前の車から距離を置いて停止することをお勧めします。クリープ現象のため、アクセルを踏まなくてもオートマチック車は動き出します。これを利用して急発進を減らすといいでしょう。信号が青に変わったら、すぐにアクセルを踏まずに、ブレーキから足を離して車が静かに動き出すまで待ちます。それからゆっくりとアクセルを踏むようにすると、急発進した時よりもガソリンを節約できます。また、高速道路での走行の際に最も効果的なのは、渋滞でない限り、時速80kmの一定速度で走行することです。スピードを上げたり落としたりしながら運転するのとでは大きく違います。市街地走行と高速道路のいずれにせよ、時間に余裕がなければ実践できません。余裕を持った安全運転こそが、一番のポイントだと思います。