暖機運転

| 未分類 |

車のことを考えて暖機運転をしてから、車を走らせているという人も多いことでしょうが暖機というのは実は5分も10分もする必要は無いものとなっています。
暖機には当然燃料を消費しますから、動きもしないのにただ燃料を消費するというのは無駄の大きな物となってしまうため、最低限の暖気で省エネドライブを心がけるようにしましょう。

暖機というとエンジンが完全に温まってから走らなければならないと考える人も多いのですが、車はエンジンだけが温まれば良いというわけではありません。
そして、そのほかの部分というのは動き出さなければ温まらないので、ただ車を止めて暖機をするだけでは意味の無いものとなってしまうのです。
そのため、停車したままの暖気というのは1分程度でも十分なものであり、エンジンをかけてシートベルトをしてミラーの調整確認などをするだけで走り出しても問題はありません。
大事なことは走り出してからのことで、急な加速などをしないでゆっくりと走行をすることで車の各部全体を温めることができるため、効果的な暖機をすることが出来るのです。
このような暖機をすれば燃料を無駄にすることが無く、車にも優しいので今まで長々と停車したまま暖機をしていた人は一度見直してみると良いでしょう。