自動車はガソリンを使用することで走行することができます。最近は省エネという観点から、自動車の性能も日々見直されていて燃費もとても向上しています。
また車を運転する人の意識も変わってきています。ガソリンは消費すると結構費用もかかります。少しでも燃料は抑えたいと考える人も多くなってきています。
省エネドライブの方法としては、まずは急発進や急ブレーキはできるだけ避けるということです。急発進をするとそれだけ燃料を消費してしまいます。
ゆっくりと加速させてスピードにのせていくことが燃費をおさえるコツです。急ブレーキも燃費を悪くする原因のひとつです。エンジンブレーキを使用してゆっくりと止まることでその分長く距離を走ることにつながるからです。
また不要なアイドリングは燃料だけを消費してしまうため一番よくありません。駐車場などで停車するときはエンジンを止めるようにこころがけます。
一番燃費のよい走行方法は、一定速度で走行するということです。車の燃料消費はコンピューターで制御されているのですが、アクセルを一定にしておくと一番燃費がいい状態になるようになっているのです。
高速道路など同じスピードで走行すると燃費がよくなり省エネドライブになります。