不況の今の時代では車の燃料代の負担というのも大きなものとなってしまいますから、できるだけ燃料を消費しない省エネドライブを心がけているという人も多いのではないでしょうか。
走り方ひとつで車の燃費は大きく変わってくるため、走り方に気をつけるというのはとても重要なことですが車というのは走っているときだけが燃料を消費するわけではなく、停車をしている時でもエンジンがかかっていれば燃料を消費し続けることになります。
そのため、無用なアイドリングをストップするだけでも燃料を大きく節約することが出来るのです。

例えばコンビニなどを訪れた時に、少しの時間だからとエンジンをかけっぱなしで降りて買い物に行くという人も少なくありませんが、そのわずか5分10分の積み重ねが大きなものとなって燃料代として返ってくることになります
そのため、このような場合にはわずかな時間であってもエンジンを切ることによって燃料代を節約することが出来ます。
また、長い信号に引っかかってしまったというときにも燃料を節約する良い機会であり街中を走っていれば待ち時間が長い信号というのもわかってくるものですから、そのような信号に引っかかってしまった時にはエンジンを停止することで燃料を節約することができるのです。