運行管理を行うだけで燃費をアップさせる事ができます。そして基本的な考え方としては、いかにムダになっている部分を改善するかです。
その為にもまずは余計なアイドリングを止めるようにした方が良いでしょう。コンビニなどで停車している時にエンジンをかけっぱなしの方もいるようですが、これはガソリンをムダに消費させてしまいます。さらには二酸化炭素を排出して環境を汚してしまう事にもなりますので、人が乗っていない時にはエンジンを止めるように意識した方が良いと言えます。
急発進と急加速を控えるのも基本です。急発進などを行う事でガソリンを大きく消費してしまいますので、アクセルを踏み込むクセがある方は注意が必要です。また、むやみやたらにスピードを出し過ぎるのは事故の危険性を高めてしまう事にもなりますので、安全運転の観点からも余計な加速は止めた方が良いでしょう。
発進をする時のポイントですが、クリープ現象によって車が動き出した時にゆっくりとアクセルを踏むのが良いとされていますので、ブレーキを離してからすぐにアクセルを踏まず、動き出した事を確認してからアクセルを踏む事が大切です。
このように少しの気配りをするだけでガソリンを節約する事ができるのです。