特にオートマチック車は、運転の仕方によって車の燃費が大きく変わります。市街地走行では、信号交差点での急ブレーキと急発進を避けることが効果的です。信号が青色から変わりそうになった時に、慌ててアクセルを踏み込みのは良くありません。大きな交差点では、歩行者信号の青点滅が見えた段階で、アクセルから足を離すといいでしょう。このようにして急ブレーキは減ります。信号待ちで停車する時には、前の車から距離を置いて停止することをお勧めします。クリープ現象のため、アクセルを踏まなくてもオートマチック車は動き出します。これを利用して急発進を減らすといいでしょう。信号が青に変わったら、すぐにアクセルを踏まずに、ブレーキから足を離して車が静かに動き出すまで待ちます。それからゆっくりとアクセルを踏むようにすると、急発進した時よりもガソリンを節約できます。また、高速道路での走行の際に最も効果的なのは、渋滞でない限り、時速80kmの一定速度で走行することです。スピードを上げたり落としたりしながら運転するのとでは大きく違います。市街地走行と高速道路のいずれにせよ、時間に余裕がなければ実践できません。余裕を持った安全運転こそが、一番のポイントだと思います。